キャッシング 安全

安全なキャッシングのためには計画的に利用を

キャッシングは計画的に行う

大手の消費者金融や銀行は有名人を起用したコマーシャルを積極的に行い、私たちも身近なものになって利用者も増えています。
一方で複数の金融機関からお金を借りて返済に滞っているいわゆる「多重債務者」も増えており、ある調査によると国民の60人に1人が多重債務者であり、更に個人再生や自己破産などの債務整理を行う人も年々増えているようです。
このようにならないためにもキャッシングを行う際には安全な金融機関業者を選んで、計画的に利用しなければなりません。

 

計画的にキャッシングを利用するためのコツは「利用限度額いっぱい利用しないこと」「申し込みの前に再度本当に必要か考えること」「少額を借りてすぐに返済できるのであれば“一定期間無利息サービス”のある所、多く借りるならできるだけ金利の低い所を選ぶ」など、用途にあったサービスを行っている金融機関を選ぶことが重要です。

申し込む前に返済シュミレーションをしておく

 

一般的に毎月の返済額が多いほど総返済額は少なくなることは言うまでもありませんが、返済額は月収の2割以下であれば無理なく行うことができ、3割を超えると生活に支障が出ると言われています。

 

自分でも申し込む前にシミュレーションすることをおすすめします。

 

消費者金融でも借りやすいところは?

急いでいる人ほど安全なキャッシングを

消費者金融なら審査時間も短く通りやすい

「明日までにお金を用意しないと給料を差し押さえられてしまう」など、急いでお金が必要な時こそ安全かつ確実にお金を借りることができる金融機関を選ばなければなりません。
キャッシングに申し込むとどこの金融機関でも必ず審査が行われ、通らないとお金を借りることができません。
もし自分が過去に借金の返済に大幅に遅れたことがあったり、自己破産などの債務整理をしたという場合はできるだけ審査の甘い金融機関を選ばないとお金を借りることができない可能性があります。

 

審査の甘い金融機関と言えば銀行よりも消費者金融がおすすめです。
審査が甘いので審査時間が短く、申し込んでからお金を手にできるまでの短いのがメリットです。

 

消費者金融で借入ができないケースもある

更に5万円以下など少額を借りてすぐに返済できるのであれば一定期間利息は無料で貸してくれる所も多く、申し込みや返済に利用できるATMの数も大手ほど多いので大変便利です。

 

ただし審査が甘い金融機関は金利が高めに設定されていたり、既に年収の1/3以上の借り入れがある人や収入のない無職の人は消費者金融を利用できないことが法律で規定されているため、銀行を利用しましょう。
インターネットでは確実に借りることができる金融機関を一覧にしたサイトもありますので、参考までにチェックしてみてください。